2015.07.13 Monday 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2012.11.09 Friday 20:45

アーリーアメリカンスタイル −2−

こんばんは。

昨日のアーリーアメリカンスタイルに続き、またまた明日の見学会に伴い、
チラリズムな画像をアップしていきたいと思います。

・・・とその前に・・・

明日10日(土曜日)と11日(日曜日)は、今紹介している高機能輸入住宅アーリーアメリカンスタイルの
モデルハウス見学会となっております。

場所は・・・郷ケ丘四丁目

郷ヶ丘付近に行きますと、電柱に黄色の矢印の案内表示が出てきますので、順を辿っておいで下さいませ。
看板付けのスタッフが矢印方向を間違わない限り、絶対に辿りつきます!!
もし、辿りつけなかった場合・・・弊社スタッフが原因だと思ってください(笑)


それでは、今日は家のメインとなる場所・・・リビングを写真を紹介しますね。



キッチン側から見たリビングルームとなります。
とても明るい光が入る部屋なのです。
キッチンも明るい色の木目調を取り入れ、対面式としました。
対面式ということは、テレビ好きな奥様もテレビを観ながら茶碗などを洗っちゃえるんですね。

他、ネット環境を整えると、ホームシェアリングという方法で、
PCデータの音楽を拾って、テレビで音楽を流すことも出来ます。





そしてこちらが、お庭側からのリビングルームとなります。
昨日の記事にもあった、チェッカーガラスのリビングドアも写ってますね。
この温かみのある色合い、たまらないですよね〜。
弊社の設計スタッフのセンスが光ってます☆
色のバランス、配置のバランス、間取りのバランス、トータルバランスを
弊社設計スタッフは豊富な知識でデザインしていきます。


これから家を建てる予定がある方、弊社設計スタッフは今までの色んな知識、
新しいもの、古いもののバランス、全てにおいて提案させていただいてます。

今色んな建築雑誌が売り出されています。
更には、家を建てているブログなどもネット上たくさんあります。
デザインへのこだわり、更には設備などへのこだわり。

お客様が住みたい理想の家を弊社はお手伝いさせて頂いております。

現在、または近い将来、家を建てるというお客様、是非いろいろ聞いてください。
もしかしたら、見えていない良い情報をお答え出来る事もあります。


あ!!!熱く語りすぎてしまいました(汗)スミマセン


最後にもう1つ和室を紹介して、今日は終わりにしたいと思います。



和室には2つの窓がありますが、いずれもツインスタイルのプリーツスクリーンを入れています。
ツインスタイル・・・スクリーン上下に不透明生地とシースルー生地を配置したスタイル
不透明生地とシースルー生地の割合をお好みの位置にすれば、外からの視線を遮りながら採光できます。


とまぁ、明日のイベントなので、張り切って1階のリビングと和室を熱く紹介してしまいました。

2階もあるモデルハウスなので、2階は現地集合ということで!!!


それではまた・・・



スタッフ −R−









2015.07.13 Monday 20:45

スポンサーサイト


コメント
コメントする